3 簡単馴化方法(雑談より)
2006年2月1日
簡単馴化方法 そのⅦ
2004年8月2日にフラスコ苗出し、御蔵紫王×御蔵龍鳳
2006年1月28日「馴化後1年半経過」

写真のは2007年初開花すると思います。
『御蔵龍鳳』の血筋が判らないのでどんな花が咲くか?
『年間戸外栽培』です
2005年2月13日
簡単馴化方法 そのⅥ
8月2日にフラスコ苗出し、御蔵紫王×御蔵龍鳳
2月12日「馴化後6ヶ月10日経過」

参考までに写真のを10月31日より5月頃まで25℃16時間照射の人工気象室で栽培中です、中間報告します。
『普通は戸外栽培です』
注意:冬季加温栽培した苗は、必ず外気温が上がる時期まで出さずに育成します。
2004年12月25日
簡単馴化方法 そのⅤ
フラスコ内の斑葉苗は?

発芽難のフラスコ交配苗の中には写真のような斑葉苗が時々出現しますが、殆ど青葉に戻ってしまいます
フラスコ内のホルモン影響の生理障害です。
ニオイエビネ×sib.及び純粋コオズ交配に多く見られる現象です。

※先日掲載の斑カスガ6-188交配の斑葉は安定しています。
      
ここをクリック⇒『斑入り交配』
2004年12月24日
簡単馴化方法 そのⅣ
冬季簡単馴化方法

12月23日にフラスコ苗出し
冬の時期フラスコ苗出し(馴化)は以外と容易


春の馴化に比べ、冬の馴化はすぐ成長しませんが、冬眠期に苗を落ち付かせますと、春先より順調に成長します。
一般家庭では居間及び廊下など、レースのカーテン越し又は障子越しの明るい場所に4月頃まで、衣装箱に1~3cm位水を張り
蓋を被せ、一週間に一度位霧吹き等で水分補給します。
我が家の居間での馴化です、必ず蓋おすること
2004年11月1日
簡単馴化方法 そのⅢ
8月2日にフラスコ苗出し、御蔵紫王×御蔵龍鳳
昨日(10月31日)「馴化後3ヶ月経過」

馴化3ヵ月後でニオイエビネ×sib.が写真の状態苗でしたら、上出来です。
今年の猛暑にもかかわらず、順調に成長し新葉も展開しています。
これから寒くなり霜には注意して下さい。
冬の時期は直射日光の当たらない、明るい室内管理が無難で、暖房機の有る室内栽培は乾燥に気をつけて下さい。

8月販売のフラスコ(御蔵紫王×御蔵龍鳳)をお買い上げ頂いた方から、『雑談8月2日簡単馴化方法』同様に馴化し、順調に育っていますと、メールを頂いております。

参考までに写真のを昨日(10月31日)より5月頃まで25℃16時間照射の人工気象室で栽培し、後日育成状態を2月頃中間報告します。
『普通は戸外栽培です』
次回:簡単馴化方法 そのⅣでは冬季簡単馴化方法をお知らせします。
2004年8月22日
簡単馴化方法 そのⅡ「20日間で完了
8月2日にフラスコ苗出し、本日(8月22日)20日間後に被せて置いた白鉢を取り除き、馴化完了です。(8月2日写真の鉢です)
今年の猛暑にもかかわらず、順調に成育しております。
2004年8月2日
簡単馴化方法 そのⅠ(ニオイエビネ
リスト販売の『御蔵紫王』×『御蔵龍鳳』交配フラスコ苗
馴化可能サイズになっておりますので、すぐ馴化できます(日陰に置き9~11月頃の馴化も可)
ニオイエビネ×sib.苗としては苗・根の状態は良好です。

マニア及び業者の方にも、
おすすめフラスコ苗です。


このフラスコ苗を順調に育成出来ない方は、他のニオイエビネ×sibフラスコ栽培も無理です。
俗に言うコオズ系(ミクラ・ヤマト)とは遥かにニオイエビネは難しい品種です。

販売見本フラスコ苗
①フラスコ苗出し
ゴム栓を千枚通し等でこじ開け、フラスコに水を半分位入れ揺すり崩し苗出しします。
寒天及び黒い根・黒い葉等は取り除きます。
 フラスコは300cc
     直径約9cm
     高さ13cmです
②鉢植え
根の状態が良いので、直接土植えします。(根が少ない苗は水苔植え)施肥はしません。
乾燥は禁物で鉢受け皿に水を張っておくのも良い方法です。(右の写真)


③馴化
写真のように鉢植えした苗に3~4週間位白いプラ鉢を伏せ馴化します。
秋になりましたら、薄い液肥で肥培します。

ここからが腕の見せ所。
初開花まで3~8年位~消滅?
0:目次
1:ニオイエビネの人工交配
2:シブリングクロスは難発芽
3:簡単馴化方法
4:当園のニオイエビネ×sib.
5:斑入り苗交配
6:キバナニオイ
7:倍数体(染色体)
8:フラスコ培養室
9:人工交配/初心者向き
10:エビネ交配品種名及び用語
11:人工交配プロセス