5 斑入り苗交配
2006年3月25日
このF2斑交配も殆ど白子
×
無銘 №6-188
(斑カスガ)
無銘 №17-20
(コオズ)
斑葉カスガ
このF2交配も白子苗ばかりで斑葉苗は極僅かで、これから斑葉苗を拾い集め再移植です。
『雪舟』×『御蔵紫王』のF1.及びF2.交配の斑苗出現率
F1では青葉苗80%・斑葉苗15%・白子苗5%位ですが、
F2.交配ですと殆ど白子苗で斑葉苗は1%未満・青葉苗も5%弱です。
2005年2月27日
斑入り葉フラスコ苗移植「3回目の移植」
16年交配播種 斑カスガ6-188×彗星交配
苗写真:2月26日現在
1~2cm位の苗になりました
3回目の移植時期です

殆どが白子苗と青葉苗で処分
斑入り苗を選抜移植しますがやはり少苗数しか取れません
この交配は今後順調に成長し、当園期待の苗です。
2004年12月15日
プロトコーム移植「2回目の移植」

今年播種の12月14日現在
こちらのフラスコは前回掲載した斑交配の斑入り葉のみ移植したプロトコームです。
斑カスガ6-188交配
2004年11月14日
昨年度の『斑入り葉苗交配』は白っ子

昨年度のF2斑入り葉交配は殆どがアルビノ葉でした。
確率はアルビノ葉 95%位・斑入り葉 3%位・青葉 2%位
以上の確率で、出現しました。
昨年度のアルビノ葉フラスコ
白っ子の馴化は非常に難しいです。
多少でも葉緑素があれば、よいのですが。

斑カスガ4-53×江戸の夢
今年度の交配とは別母体です。
今年度交配の液体培地から固形培地への一回目の移植済フラスコ「11月13日現在」

斑カスガ6-188交配は、やはり白っ子と葉緑素のあるプロトコームが多数見られます。
今年度交配の斑入り葉フラスコが順調に出来ましたら、販売をこの『雑談でお知らせします。
16年斑交配
♀母体 斑カスガ6-188
この交配からの兄弟苗は黄茶色
花が殆どで交配には不向きですが、この個体の花は黄エビネの黄色い色素が抜け、このF2交配苗からは良い花色が望めそうです。?






以下♂交配花粉親
     ♀母体 斑カスガ6-188
      ♀雪舟
(斑タカネ)×♂御蔵紫王(ニオイ)
彗 星(コオズ)
御蔵紫王(ニオイエビネ) 江戸の夢(コオズ)
「天紫香(コオズ)×円(地エビネ)
亀城の星(ヤマト)
「紅連
(コオズ)×神子舞(サツマ)
0:目次
1:ニオイエビネの人工交配
2:シブリングクロスは難発芽
3:簡単馴化方法
4:当園のニオイエビネ×sib.
5:斑入り苗交配
6:キバナニオイ
7:倍数体(染色体)
8:フラスコ培養室
9:人工交配/初心者向き
10:エビネ交配品種名及び用語
11:人工交配プロセス